ピル28錠の正しい飲み方

ピルは正しく服用することで高い避妊効果が得られますが、間違った服用をすることで失敗してしまうこともあります。当サイトではピルの正しい飲み方をご紹介していきますので是非一読して頂けたらと思います。

伊賀市でも処方される避妊ピルダイアン

ダイアンは安全な低用量避妊ピルの一種です。アジア人向けに作られていますので、日本人でも安心して使用できます。その大きな特徴は男性ホルモンの影響を抑制する成分が含まれていることです。そのため、ニキビや男性ホルモン性脱毛症、多毛症などの治療にも使われています。「胸が大きくなった」という利用者の声もあります。
ダイアンは一相性ピルなので、一周期、つまり21日間服用するホルモンの含有量が一定です。そのため、一種類の錠剤を飲めばいいので、三相性ピルのように錠剤を飲み違えません。
ダイアンを初めて使用する場合は月経初日に飲み始めます。そして、一日一錠を21日間続けますが、飲み忘れて服用の間隔が36時間以上となった場合、避妊効果が低下し、他の避妊措置が必要になります。
ダイアンの副作用としては、不正出血(生理以外の出血)、乳房の張りや痛み、吐き気などです。これはダイアンの服用により体内のホルモンバランスが崩れたことが原因で起こります。
ダイアンを服用する注意点としては血液が固まりやすくする性質があることが挙げられます。そのため、年齢や喫煙習慣により血栓ができたり、悪化することがあります。さらに、高血圧や心臓病などの持病がある人は服用前に主治医に相談することが勧められています。
三重県伊賀市でダイアンなどの低用量ピルを処方してくれる病院は2軒あります。一つは伊賀市立上野総合市民病院の婦人科で、もう一つは緑が丘クリニックの産婦人科です。さらに伊賀市内の岡波総合病院産婦人科と森川病院の産科、婦人科ではその他の種類のピルを処方してくれるようです。
さらに各種の通販サイトでもダイアンなどの避妊ピルは購入できます。